そもそも無添加化粧品って? - 無添加化粧品@ガイド

無添加化粧品とは そもそも無添加化粧品って?

食品関係で無添加に対する関心が高まるようになって久しいですが、化粧品でも同じです。
今は各メーカーから無添加を謳った化粧品が販売されています。しかし、改めて、無添加とはどういう意味なのか?と考えると、メーカーごとに定義は異なります。
2001年3月までは、化粧品に含まれる成分を全て表示する義務はありませんでしたが、厚生省によって定められた、アレルギー反応を起こす疑いのある成分102種類の成分が入っている場合は、箱やビンに成分を表示しなければいけませんでした。

一般的に、人工の化学物質が含まれていないものが無添加と考えられがちですが、実際はこの旧表示指定成分を配合していなければ無添加、というメーカーが多いようです。
2001年からは、指定成分の枠組みは消え、そのかわり、「全成分」表示義務となったため、無添加というカテゴリーも曖昧になっています。

無添加というと、肌に優しい、環境に優しい化粧品、というイメージがありますが、法律などによる無添加化粧品の基準というものもないため、表示指定成分が無添加だからといって安全と言うわけではありません。現実には発ガン性のあるものや環境ホルモンなどが含まれていて、問題視されることもあります。

無添加化粧品とよく似ている言い方に自然派化粧品がありますが、これも実際ははっきりとした定義が無いのが実状です。
法律での定義付けもなく、一般的には天然植物由来の成分を配合しているもの、というイメージですが、メーカーによって差があります。
要は、化粧品の成分が肌に合うか合わないかは個人差があり、無添加化粧品でも、自分に合うか合わないか、成分の内容を良く知り、実際に使ってみて試すことが大事です。
試供品などでよく比較検討し、肌が荒れることがあれば、なぜそうなったのか原因を突き止め、場合によっては皮膚科でも相談してみることです。

→→ 無添加化粧品の人気ランキングを見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009 無添加化粧品@ガイド | 人気ランキング・口コミ・通販・メイクなど All Rights Reserved.