どんなものがある? - 無添加化粧品@ガイド

無添加化粧品とは どんなものがある?

無添加化粧品と言うと、人工的な化学物質を含まない化粧品、と考えるでしょうが、化学物質にも、いろいろなものがあります。
では、化学物質ごとで、無添加化粧品と言うものを考えてみましょう。
一般的には、旧指定成分(アレルギーを起こす可能性があると指定された成分)が無添加の化粧品が無添加化粧品と言われます。

天然成分だけを使った化粧品も、無添加化粧品と考えられる場合が多いですが、こうしたものは、スローコスメと呼ばれます。
植物のエキスや、天然の恵などを使ったものです。
防腐剤も天然植物の防腐作用を利用したり、成分を採取する植物を無農薬で栽培するなど、こだわりの化粧品もあります。
自然派化粧品と言うものもありますが、これは、植物成分や動物成分、鉱物成分(ミネラル成分)などを原料にして作っているということで、全て天然成分で作られている、と言う意味ではありません。
はっきりとした定義はなく、100%天然成分だと自然派化粧品になる場合もあれば、少しだけでも天然成分を使っていれば、自然派化粧品と呼ばれる場合もあります。

これ以外、例えば、主にクリーム状にするために乳化剤として配合したり、保湿剤・殺菌剤として製品の品質を保つために使われる合成界面活性剤を排除したものがあります。
合成界面活性剤以外に、防腐剤や酸化防止剤として使われる合成ポリマーも排除したものがあります。
この他にも、石油系の成分を含まない化粧品、アルコールを使わない化粧品、メイクアップ用品になると、「タール系色素」を使わない化粧品や紫外線吸収剤を使わない化粧品、などがあります。

ただ、界面活性剤、香料・防腐剤がいっさい入っていない天然の化粧品を作るにはものすごいコストがかかることから、本当の意味での100%無添加の化粧品はほぼ無いとも言われます。
例えば防腐剤を使っていなくても、それに代わる成分が使われたりすることもあります。成分表示を良く確かめてみましょう。

→→ 無添加化粧品の人気ランキングを見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009 無添加化粧品@ガイド | 人気ランキング・口コミ・通販・メイクなど All Rights Reserved.