BDIH認定とは - 無添加化粧品@ガイド

予備知識編 BDIH認定とは

無添加化粧品の中には、BDIH認定を謳い文句にしているものもあります。
このBDIH認定とは、世界初の自然化粧品のガイドラインで、自然原料、環境保護、動物実験に関して厳しい基準を設け、認証を受けた製品だけにマークの表示が許可されています。
2000年にドイツで発足した自然化粧品認定マーク、ガイドラインで、1996年に19のメーカーが集まり、ドイツの公的機関、ドイツ化粧品医薬品商工連盟(BDIH)がアドバイザーとなってできました。

認定基準としては、
・入手可能なかぎり、有機栽培、野生群生の植物原料を使用する。
・動物実験をしない。
・動物原料を使用しない。
・無機塩と鉱物原料は使用可。
・乳化剤、界面活性剤は、植物脂肪、ラノリン、ワックス、プロテインなどの原料に物理的加工を加えた方法でつくる。汗合成色素、合成香料、パラフィン、シリコン、その他石油製品は使用しない。
・防腐は、天然の防腐原料を使用する。
・放射線などによる防腐加工はしない。
・遺伝子組み替え原料は使用しない。
・原料が微生物分解可能。
・リサイクル可能な容器を使用。
・その他、正しい表示、情報公開、フェアトレードなど。
自然派化粧品を選ぶ一つの基準になるでしょう。

日本でも、オーガニック化粧品の人気が高まっていますが、オーガニック化粧品とは、化学的な成分は全く使用しないか、ごく少量のみ使用し、自然由来の成分を中心に配合され、「人間の肌が本来持つ自然治癒力を助長、回復させることに着目したスキンケア用品」と自主的にうたっている化粧品です。

BDIH以外には、代表的なオーガニック認定機関として、Soil Association(英国)、ECOCERT(フランス)、ACO(オーストラリア)などがありますが、オーガニック認定基準は、それぞれの認定機関によって異なります。
日本では、まだオーガニック化粧品の認定をする機関はありません。
かといって、認定を受けていない製品が信頼できない、と言うわけでもありませんが、認定は、一つの目安にはなるでしょう。

→→ 無添加化粧品の人気ランキングを見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009 無添加化粧品@ガイド | 人気ランキング・口コミ・通販・メイクなど All Rights Reserved.