美肌、しみへの効果 - 無添加化粧品@ガイド

目的別の効果 美肌、しみへの効果

シミ対策としての化粧品は、ターンオーバーをいつも正常に行うスキンケアと、シミの元となるメラミンの合成を抑制し、シミを作らせない、メラミン色素を無色化させるケアを続けることが主な役割となります。肌のシミやくすみは、紫外線のほか、ストレス、ホルモンバランス、外部刺激などが原因で起こりますが、一番の原因は紫外線です。

紫外線でシミやくすみができるのは、メラニンが必要以上に作られると同時に、古いメラニンを含む細胞が排泄されないのが主な原因となります。
ビタミンCはメラニン色素の生成を抑え、メラニン色素の還元、コラーゲンの合成を促進するなど、新陳代謝を高める働きがあります。無添加化粧品で使われているビタミンCは、肌との相性が良く、自然に肌になじみます。美肌の基本は、肌への潤いですが、余分なものを取り除いた無添加化粧品は、肌への浸透度も高いものです。

シミ対策には適切な洗顔も大切ですが、洗顔料は純石鹸主成分でオイルではない保湿成分を配合した、皮脂をとり過ぎず、肌に必要な潤いを残すように調整されたものを使うことです。
オイルクレンジングや洗浄力の強い洗顔料は、メイクや汚れをしっかり落とす半面、肌の角質層に刺激を与え、肌のターンオーバーをくるわすことにもなります。また、必要以上の洗顔は、保湿成分も奪い、代謝を悪化させます。角質層に刺激を与えないメイク落しは、ノンオイル系がポイントになります。

合成界面活性剤、香料、色素、パラベン(防腐剤)、アルコール、オイルなど、肌の負担となる成分を全て排した、肌に優しい無添加クレンジングだと、オイルによる違和感もなく、水でサーッと洗い流せ、二度洗いする必要もありません。アミノ酸を主成分とした弱酸性の洗顔ソープなどもあります。

→→ 無添加化粧品の人気ランキングを見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009 無添加化粧品@ガイド | 人気ランキング・口コミ・通販・メイクなど All Rights Reserved.