石鹸、洗顔、シャンプー - 無添加化粧品@ガイド

目的別の効果 石鹸、洗顔、シャンプー

石鹸でも、石油由来の人工界面活性剤を一切使わない植物性石鹸があります。
パラベン、アルコール以外にも、安定剤、保存料、着色料なども無添加です。
純石鹸と無添加石鹸は混同されがちですが、純石鹸分98%などという純石鹸は、石鹸分以外のものがどれくらい含まれるかという意味ですが、無添加石鹸は石鹸以外の添加物を使用していないという意味です。つまり無添加石鹸は石鹸の純度には関係ありません。

天然の成分には不純物が多く、そうした不純物をとりのぞくために塩析を行い、さらに化学物質を添加しているものが無添加石鹸と言われる場合もあります。
無添加石鹸としては、石鹸素地に化学物質は完全無添加で、原料も無農薬・有機栽培のもの、例えば食用にもなるエクストラバージンオリーブオイルなどが使われたものが一番良いといえます。

洗顔フォームでも、石油系の合成界面活性剤をはじめ、肌に刺激、そして蓄積性のある化学物質を含まず、漢方薬などでも使われる植物のエキスが主成分になったものがあります。
石鹸で髪を洗うのに一番やりやすいのは固形の石鹸でしょう。
液体だとどうしても薄まって洗浄力が弱くなり、二度洗いくらいしたくなりますが、固形だとよく泡立ち、一度洗うだけでスッキリします。

石鹸で髪を洗う場合、すすぎにくく髪もパサパサしますが、石鹸シャンプーは、石鹸素地にさらに保湿成分やすすぎを良くする成分などを配合し、扱いやすくなっています。
毒性の弱いアミノ酸系の合成界面活性剤を使い、パラベンや着色料などの旧指定成分も添加されていません。
肌が弱い人、アレルギー体質の人向けの無添加シャンプーもあります。
独自の無添加原料基準により、アレルギーを引き起こす恐れのある原料は使用されていません。

→→ 無添加化粧品の人気ランキングを見てみる


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009 無添加化粧品@ガイド | 人気ランキング・口コミ・通販・メイクなど All Rights Reserved.